2016年Movie〜その2〜

c0234235_23101604.jpg
今年は月二本観るのを目指そうかと。
二本目は、最愛の子
中国で実際に起きたお話です。
わずか三歳の息子が行方不明になり三年後見つかるのですが、既に記憶がなく育ての親と離れたくないと泣かれてしまいます。
子供を失った生みの親と育ての親どちらの心情も表現されており、重いけど、考えさせられる映画でした。

[PR]

by pecolincho22 | 2016-01-31 09:08 | 映画 | Comments(0)  

<< Frutas(フルータス)@門前仲町 2016年Movie〜その1〜 >>